カテゴリー【おいしい店】

カウンターに集まる笑顔、美唄の街を照らす話題の食空間

美唄屋台村

 JR 美唄駅から徒歩2、3分。 飲食店が建ち並ぶ通称“銀座街”に「美唄屋台村」の明かりが灯る。 設立の音頭を取ったのは、両親も飲食店を経営していたという渡邊健次郎さん。 「僕のおやじが現役だった頃は美唄の人口も10万人近くてね。 札幌や旭川からタクシーで通ってくる常連さんがいて、それはもう賑わっていた」。 けれど、思い出だけでは街の元気は取り戻せない。
 複数店舗の明かりが美唄の街を照らすことを夢見て“屋台村”構想を描いた渡邊さんは、参加店舗の募集に踏み切った。 こうして2006年7月7日、地元の食材を地元の料理人が腕を振るって提供する「美唄屋台村」がオープン。
「今は11店舗ですがまだまだ発展途上。 周囲をどんどん巻き込んで成長していきたいです」。
美唄高校の女子生徒が発案した「焼き鳥ライスコロッケ」。細かく刻んだ焼き鳥、タマネギ、ニンジン、椎茸入りで食べごたえ充分!
美唄高校の女子生徒が発案した「焼き鳥ライスコロッケ」。細かく刻んだ焼き鳥、タマネギ、ニンジン、椎茸入りで食べごたえ充分!
「美唄屋台村」独立塾理事長 渡邊健次郎さん(52歳)
「美唄屋台村」独立塾理事長 渡邊健次郎さん(52歳)
店名/美唄屋台村 
住所/美唄市西1条南3丁目1273番46 TEL0126-68-8758(居酒屋醍醐)
営業時間/11:00〜14:00、17:00〜24:00
休日/年中無休(一部店舗を除く)

投稿者:美唄屋台村(2011-12-20)

美唄屋台村さんの記事をもっと見る

メッセージを送る