カテゴリー【紹介】

美唄の小学生も大喜び!「米粉うどん」づくりに挑戦

貞広農場 体験工房 よーいDON

 1950(明治25)年に入植した初代から数えて貞広農場五代目を継ぐ貞広樹良(きよし)さんは、Uターン組。
 横浜で3年間、機械設計の仕事に従事したが、「空の下で汗を流し、消費者と直接結びつく農業をしたい」という思いを募らせ、両親の元に帰ってきた。 1998(平成10)年、米や麦、大豆、そば…と貞広農場で収穫した多種多彩な食材を活用しながら消費者と直接触れ合える場として「体験工房」を立ち上げる。 住まいの隣に工房を建てたがなんとそれもすべて手作り。 新しい挑戦への決意を「よーいDON」の名称にこめた。 米粉を使った体験コースはうどんとシフォンケーキの2種類。 「うどんはもっちりとした食感に仕上がるし、シフォンケーキづくりだとダマになりにくい。 米粉はとても扱いやすい食材です」。 市内の小学校の調理実習や親子レクリエーションでも大好評。 家族のあたたかいまなざしに見守られながら、米粉の可能性を追い求める五代目の挑戦は続く。
米粉うどんづくり体験1,500円(持ち帰り可)。その場で試食は1人100円プラス。米粉シフォンケーキづくり体験1,500円。
米粉うどんづくり体験1,500円(持ち帰り可)。その場で試食は1人100円プラス。米粉シフォンケーキづくり体験1,500円。
代表の貞広樹良さん(36歳)。「体験工房ではとにかく楽しんでほしいんです」
代表の貞広樹良さん(36歳)。「体験工房ではとにかく楽しんでほしいんです」
名称/貞広農場 体験工房 よーいDON
住所/美唄市進徳町2区 TEL0126-62-6236
URL http://www.sadahiro-noujou.jp
体験ご希望の方はお電話で事前にご予約願います。

【米粉ってなあに?】

 米粉とはお米を粉にしたもの。美唄市では2001(平成13)年から美唄産米の米粉を使った製品開発・普及活動に力を注いでいる。現在は「美唄こめこ研究会」が中心となり、パンや麺、お菓子などの米粉製品を販売中。

表示レイヤー

ノンジャンル 買い物 食べる 調べる
治す 学ぶ 医療 観光
教育 工業 商業 農業
交通 福祉 特産 生活
文化 泊まる 運動する 不動産
ちょっと暮らし グリーンツーリズム 360度 動画
観光・グルメコース 観光・マガンコース 観光・癒しコース

投稿者:よ~いDON(2009-04-23)

よ~いDONさんの記事をもっと見る

メッセージを送る