カテゴリー【特産品・おいしい店】

美唄の農家を応援!世代を超えて愛される街の洋食屋さん

ふぁみり~れすとらん 仙中里(センチュリー)

 オープン以来30年、地元で愛され続けるファミリーレストラン。 「お子様ランチを食べていた子どもが今では自分の家族を連れてお店に来てくれます。 子ども時代の好き嫌いもちゃんと覚えていますよ」と笑うオーナーの門脇憲一さん(60歳)。
 人気メニューは25年前に考案した「おまかせセット」。 その日の仕入れや旬によって内容を変え、常連客を長年に渡って楽しませている。 「美唄でがんばる農家さんを応援したいからできるかぎり地元の食材を使いたい」という門脇さん。
 お米はもちろん美唄産100%。農閑期以外は朝取りのレタスや白菜をはじめ野菜もほとんどが美唄産だ。 ここに来れば美唄の旬が一目瞭然と札幌からも通うファンがいるほど。 「新鮮な野菜が入ったときは、超特大のサラダを出すこともあります。 料理は一瞬のひらめきから生まれるんです」。 そんな遊び心と地元への愛着心が世代を超えてリピーターを飽きさせないゆえんだろう。
手前の「酢豚定食」(950円)と「スープカレー」(880円)は日替わりで登場するおまかせセットの一例。奥は定番メニューの「ミートスパゲティ」(730円)。
手前の「酢豚定食」(950円)と「スープカレー」(880円)は日替わりで登場するおまかせセットの一例。奥は定番メニューの「ミートスパゲティ」(730円)。
料理長をはじめ開店当時からのスタッフが多い。右から二番目がオーナーの門脇憲一さん(60歳)。
料理長をはじめ開店当時からのスタッフが多い。右から二番目がオーナーの門脇憲一さん(60歳)。
店名/ふぁみり~れすとらん 仙中里
住所/美唄市西2条南2丁目4-26 TEL0126-62-5456
営業時間/11:00〜21:00(LO20:40)
休日/毎週月曜

投稿者:仙中里(2008-03-24)

仙中里さんの記事をもっと見る

メッセージを送る