ヤマシタのお菓子に若い感性。

「うふふ・ハスカップサンド」を手にする山下店長

「うふふ・ハスカップサンド」を手にする山下店長

 6月16日(水)の北海道新聞 空知ワイドの欄にも記事が掲載されていましたが、地元名産品の普及を目指して美唄市が地元の菓子店と連携して、包装や商品名を札幌市立大デザイン学部に依頼していましたが、この度新しいネーミングと包装が考案されました。
 その名も「うふふ・ハスカップサンド」。 「包装もデザインを学ぶ学生さんらしくとてもかわいらしいものになりました。」とヤマシタの山下晴吾店長も大変満足しています。

 若い感覚で生まれ変わったこの美唄銘菓「うふふ・ハスカップサンド」。皆さんもぜひ手にとってご賞味頂き、「うふふ」と笑顔になっていただきたいと思います。
かわいい新パッケージです。

かわいい新パッケージです。

名前も変わっておいしさアップ。

名前も変わっておいしさアップ。

「うふふ・ハスカップサンド」で思わず「うふふ」。

「うふふ・ハスカップサンド」で思わず「うふふ」。

投稿者:PiPa運営事務局1(2010-06-16)

PiPa運営事務局1さんの記事をもっと見る

メッセージを送る